通信制高校の高校無償化はどうなる?

日本で進められている高校無償化の動きですが、年収910万円以下の家庭を対象に、高校に通う学費の一部を国が負担してくれるという法案がまとまっています。年収で区切るということに対する賛否はあるかと思いますが、現時点では910万円以下の年収の家庭が就学支援金を受け取れるそうです。


通信制高校では単位ごとに支援金をもらう

全日制高校では、カリキュラムが学年ごとに全く同じとなりますから、学費面も生徒が同じ金額を納めています。通信制高校ではこの学費が、申し込んだ単位によってかわるという違いがあります。そのため、一年に修得できる単位の数などで就学支援金も計算、卒業に必要な最低単位数の74単位分を、1単位4812円分もらえるのだそうです。


申し込んだ数分だけ学費はかかるので注意を

通信制高校の単位は学校ごとに大きく変わるほか、単位の修得ではなく申し込みの段階で授業料として1単位分の値段がかかることとなります。卒業資格として74単位以上が必要となりますから、絶対に落とさないことを前提として最低で74単位分、万が一落としてしまった単位があると、その分だけ余計な学費はかかりますので、学費の計算は慎重に行ってください。私立では1単位5000円くらいから1万円くらいと、単位の値段にも開きがあります。