通信制高校とサポート校の違いは?

通信制高校の中には、サポート校を別途利用して卒業までの学習を行うところもあります。サポート校も、高校としっかりと連絡を取って生徒の管理を行っているようですが、公的な学校の区分などはことなります。この違いについてご紹介します。


通信制高校は学費サポートあり、サポート校は無

通信制高校では就学支援金を利用できるのですが、サポート校は塾のような扱いを法律上は受けているので、学費面での支援は受けることができません。設立するうえで文科省などの国への届け出も特にいらないため、授業を行う教師に、高校教諭の資格も必要ないそうです。この点を不安に思う親御さんも多いようですから、サポート校がメインとなる通信制高校の場合、先生のことなどもあらかじめ聞いておくようにしましょう。


集中スクーリングだけで高卒資格が取れるの?

集中スクーリングへ参加するだけで高卒資格を取れますというような通信制高校もありますが、これは一定の授業に関してはサポート校などを利用して、レポートなどを提出します。自分で学習するほか、授業の視聴などで、スクーリング日数をけずっているというケースもあるそうです。サポート校の雰囲気なども含めて、最初に学校見学に実際に行くというのが、最もおすすめです。